人材派遣の営業

私がしていた仕事は、派遣社員の営業、仕事内容を簡単に言うと、取引先企業に派遣社員を斡旋し、就業させることです。

 

今はもう退職しているのですが、最後に私が担当していたものについて説明します。まず前任者から実際に稼働している派遣スタッフ100名と派遣先企業、その他に過去に取引のあった企業や人事担当者と会ったことのある企業などを引き継ぎました。それ以外に全く何のアクションも起こしていなかったクライアントもあります。

 

仕事を大きく分けると、

  • @派遣先企業と派遣スタッフの打ち合わせ(と称する事前面接)
  • A就業している派遣スタッフと派遣先企業のフォロー
  • B取引先履歴のある企業&新規クライアントへの営業

 

になるでしょうか。

 

@まず派遣先企業から「○○ができる人材が欲しい」といった依頼を受け、社内で人選をして、候補のスタッフを選出します。この際、派遣先企業は何社にも声をかけていることも多く、打ち合わせ前に他社で決まっていることもあるのでスピード勝負です。面接でいかにこのスタッフが優秀なのかアピールしたり・・・私はこれが苦手でしたが。

 

A就業中の派遣スタッフに定期的に状況の確認に行きます。仕事内容、残業、プライベートなことをヒアリングして、仕事に問題がないか確認をします。並行して派遣先企業にも派遣スタッフの勤務態度、スキル、人間関係など確認します。

 

B大手企業は派遣社員を利用しているところが多いので、定期的にニーズがあるか状況確認に行きます。就業していない優秀なスタッフがいれば売り込みに行くこともあります。自分にやる気のある時は、たまたま目に止まった会社に飛び込み営業することもあります。

 

この仕事のやりがいは、なんと言っても、派遣社員と派遣先企業が双方win winの関係になる橋渡しをしているということ。問題があって、契約終了になるかも・・・と思っていても自分の働きかけで問題が改善することもあります。

 

スタッフと突然連絡が取れなくなったり、他社と天秤をかけられていてドタキャンされたことも数知れず、人間不信になることもありましたが、人間の本音の部分もかいま見れる面白い仕事だと思っています。