デザイン会社で企画デザイン チラシやパンフレット

絵をかく仕事がしたくて美術系の短大を卒業した私です。でも、絵をかくと言っても今はデザインが中心の時代でした。でも、私の短大は当時はマックなどのデザインするコンピューターが導入されていませんでした。基本のデッサンや、デザインの基礎は学べましたが自分が思うような仕事につくのは難しかったのです。

 

最初はデザイン社員として入社する予定でしたが、人柄と行動的な性格を認められて、営業社員としてデザイン会社に入社しました。

 

まずは、基礎の営業を学んでからデザインの方も少しづつ教わるよていでしたが、営業社員が少なかった為か営業社員として定着してしまいました。

 

デザイン会社なので基本は広告代理店などの頼まれたものを制作、校正をするのが基本ですが、クライアントとの橋渡し的なことが私の基本の仕事です。

 

私の勤めたデザイン会社は地元の官公庁のパンフレットなども行っていました。なのでソコでの入札は勿論、担当者との校正や取材、材料集めも行っていました。官公庁での営業は、他の営業とはちょっと変わっています。校正は担当者とのアポイントをとってからなので、時間はいつでもOKですが、普通の営業の場合は営業できる時間も決まっています。保険業者や、ヤクルトの人たちも同じでしょうか?お昼から2時くらいの時間と決まっています。

 

官公庁の人たちだと、いきなりの飛び込み営業だと担当者不在の場合も多いので、そういった時は机の一番目立つ場所に名刺を置いていく形になるのです。官公庁の名刺おきは争奪戦です。とは言っても保険会社などの名刺が多いようですけれどもね。

 

自分で企画、提案したパンフレットが街で配られていたり、折込チラシが見られたりするとすごく嬉しいです。形になっていく過程が一番やりがいがあるのでは無いでしょうか?自分の作ったものが認められると、自分自身も認められたような気持ちになります。