銀行の金融商品の営業

銀行の店頭にて、来店した個人のお客さまに金融商品の紹介や販売を行っていました。

 

来店される方は金融商品に興味の有る方、ない方、すでに証券会社などで投資をしている方など様々で、反応もまちまちでしたが、興味を持ってもらえたり、購入していただけるととても充実感があり楽しい仕事でした。

 

また、定期預金の満期に合わせて、電話にて満期のご案内とともに運用の提案をするための来店誘致などをすることもありましたが、金融商品取引法という法律もあり、無理な誘致は出来ないため、ある程度割り切って仕事ができていました。

 

店頭に来た方に購入していただけるのももちろん嬉しかったのですが、電話にて誘致し、提案、そののちに購入へと至る場合がとてもやりがいを感じました。

 

そもそも、自分が電話をしなければそのお金は定期預金として置いておくのみだったお金であって、電話したことで興味を持ち、忙しい中わざわざ店頭まで足を運んでいただけるということが大変嬉しく、購入に至らなくともご縁に感謝していました。

 

販売する時は法律違反にならないよう、確認事項が多く、その過程でやめてしまうお客さまもいてとても残念でしたが、ある程度経験を重ねていくとそれはそれで仕方ないと思えるようになりました。件数より法律を守ることが第一という社風だったので、そこに救われたかたちです。(普通の会社なら大体がそうだと思いますが…)

 

商品の内容が変わったり、法律が変わったりがめまぐるしい業界のため、提案してから時間が経ったあとにお客さまが来店されると、以前の内容をふまえながらその旨も紹介しなければなく、お客さまの中には複雑なものと思いやめてしまう方もいたのが残念でした。

 

入社年数が浅く、お客さまの中には自分より知識の有る方もいるだろうと毎日必死でしたが、そもそも投資している方は銀行の窓口へ立ち寄ることは少なく、ネットバンキングを利用している方が多いようで、店頭にて興味のない方に存在を知らせるというだけでも存在価値があるのかなと思って仕事をしていました。