訪問美容サービス

私は訪問美容という職業をさせて頂いております。夫婦で企業したばかりの会社でございます。

 

福祉の訪問美容サービスと申しますのは、老人施設や自宅から美容室に行けない方々の為に

 

実際にその方々がいらっしゃる所まで伺ってヘアスタイルを整えてあげるという仕事内容になります。企業しましてからすぐに、地域の老人施設への営業を始めました。まず、会社のパソコンで地域にある老人施設の数と場所と電話番号を調べ、すべてノートに書き出します。老人施設を調べる際にもその施設様の掲げている理念をチェックして、より自分達の会社の理念とマッチしそうな所を絞り込み、なるべく要領良く契約してもらえるように、ネット調査の段階で、より多くの情報をチェックするようにしました。それから、優先準備が決まれば、あとは電話での営業です。まずはアポ取りから始めます。会って自分達の会社のお話しを聞いて頂ける様になんとか交渉します。交渉が成立したらその施設へ行きチャンスを逃さない様にします。交渉が上手くいかないことも、もちろんありますが、諦めずに相手の声のトーンや話し方などで気持ちを見極め不愉快そうな気持ちを少しでも察知したなら、すぐに潔く『お忙しい中、丁寧にご対応頂きありがとうございました』と引くことの大事ですね。逆に少しでも相手のやり取りに隙を見つけたなら、諦めずに、ゆっくり対応していきます。

 

企業の立ち上げの時には、営業はつきものですが、一生懸命説明したのに断られたりすると落ち込んでしまうこともあります。ですが、反対に私の今の様に電話のアポ取りだけでも相手がお話しを聞きますよといってくれただけで、とっても嬉しいんです。そして、その一本一本を大事に対応していきました。おかげさまで、10社のうち2社は契約までをとれましたが、喜びもひとしおです。

 

営業大変さと嬉しさを、半分半分感じている毎日です。